カード

■はじめに
世の中にはクレジットカードだけではなくさまざまなカードが存在します。しかしカードのサイズはJISによって規格が決められているため同じで、繰り返し利用するため材質もプラスティックで統一されています。財布の中には10枚近いカードが入っているという人も少なくないでしょう。近い将来にはすべてのカードが一枚に統一されるようになるかもしれません。ICカードが普及すればICチップに多くの情報が保存できるため一枚のカードであらゆる機能を持つことも可能だからです。

 

現実的に携帯電話が多機能モバイルとして活躍していますが、それと同じことがカード業界にも考えられます。ここではクレジットカードをはじめとして、いろいろなカードについて解説をしています。カードを利用する参考にしてください。

 

クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード 比較 クレジットカード ランキング カード クレジット credit card クレカ

 

■クレジットカード
クレジットカードはプラスティック製のカードで後払い方式により加盟店での買い物やお金の借入が繰り返しできるシステムです。クレジットカードの発祥はアメリカといわれ、世界で最初にクレジットカードの発行をしたのはダイナースクラブといわれています。日本でも最初のクレジットカード会社は日本ダイナースクラブになります。

 

クレジットカードのシステムはクレジットカード会社・加盟店・カード会員の三者で成り立っています。クレジットカード会社は審査をしてクレジットカード会員にカードを貸与し、加盟店での利用ができるようにします。また加盟店も審査を通過して初めてクレジットカードの取り扱いが可能となります。クレジットカード会員が加盟店で買い物をすると、加盟店はクレジットカード会社にカード利用が可能かどうかの承認を求めます。これをオーソリゼーションと呼んでいます。

 

オーソリゼーションで承認された利用についてはクレジットカード会社が加盟店に立替払いを行います。そのときに相殺される加盟店手数料がクレジットカード会社の収入となります。クレジットカード会員は利用代金に手数料を上乗せしてクレジットカード会社に後払いすることで、商品を持ち帰ることができます。1 回払や2回払いの場合、会員手数料はありません。

 

クレジットカードにはショッピング利用のほかにお金の借入ができるキャッシング機能や、ポイントプログラム、割引特典、海外アシスタンスサービス、付帯保険といったさまざまなサービスが提供されます。そのためほとんどのクレジットカードには年会費がかかりますが、一部のクレジットカードは年会費無料の場合もあります。

 

ほとんどのクレジットカードにはカード盗難保険が付帯されているため、盗難や紛失の場合でも重大な過失がない限り不正利用による被害が補償されます。そのためクレジットカードは現金を持ち歩くよりも安全といわれています。最近ではキャッシュカードでも盗難保険が付帯されるようになりましたが、それ以前ではクレジットカードの安全性はより高いものがありました。しかし、VISAデビットカードのようにキャッシュカードで買い物ができ保険も付帯されているカードが発行されるようになり、クレジットカード以外でも現金利用以上に便利なシステムも開発されています。

 

クレジットカード 審査 クレジットカード ポイント クレジットカード 年会費無料 クレジットカード 即日発行 クレジットカード 申込

 

■プリペイドカード
プリペイドには先払いという意味があります。従ってプリペイドカードは最初にお金を支払って同額の価値があるサービスを利用できるカードのことを言います。プリペイド方式を採用しているものには電子マネーEdyがありますが、これはFelicaと呼ばれるICチップを利用したシステムです。そのため ICカードに応用すればプリペイドカードとなります。

 

そのほかにもプリペイド方式として日常利用されているものには商品券やギフトカードがあります。これらは金券として提携店で現金同様利用することができます。食事券や旅行券、図書券なども同様のシステムです。プリペイドカードとして有名なのは今は利用されることがなくなったテレフォンカードやすでに廃止されたハイウェイカードなどがあります。これらのプリペイドカードはクレジットカードのような規格ではなく、もっと薄く小さい紙に近い形状でした。使い捨てであったため、繰り返し利用するクレジットカードのような耐久性は必要なかったのです。

 

現在のプリペイドカードはクレジットカードと同じサイズのものが多く、ICチップを搭載して繰り返し利用できるようになっています。身近なプリペイドカードとしてはsuicaやPASMOなど交通機関の運賃や定期券に利用できるものがあります。以前にはなかったクレジットカードに搭載できる機能もあり、後払いとプリペイドが一枚のカードで利用できるのも大きな特長です。

 

キャッシング カードローン 消費者金融 JCBカード アメリカンエキスプレス ダイナース VISAカード マスターカード

 

■ポイントカード
ポイントカードは特定の店舗で提供しているポイントプログラムのポイントを貯めるためのカードです。現在ポイントカードは様々な業種で発行されています。家電量販店をはじめとして、あらゆる小売店舗でポイント制を導入していると言っても過言ではありません。そのため利用する側にはポイントカードが増えすぎるという弊害もあります。ICカードの普及や携帯電話機能の多様化によって将来は一本化できるようになるでしょう。NTTドコモではすでにそういったサービスも開始されています。

 

流通系のクレジットカード会社は親会社のポイントカードを発行することから発展しているケースが多いようです。当初は親会社のポイントカードの発行だけだったのが、クレジットカード機能を持たせてポイントカードと一体化して発行するようになったのです。そのためクレジットカードのサービスとしてのポイントプログラムも親会社の店舗利用では還元率が高いなどのメリットを与えています。これによって親会社の売上に貢献しているのです。

 

ゴールドカード プラチナカード ブラックカード 電子マネー Edy Suica PASMO iD クイックペイ ETCカード ETC クレジットカードリンク集

 

■キャッシュカード
キャッシュカードは金融機関の口座から現金を引き出すためのカードですが、現金引き出し機能以外にも様々な機能がついているキャッシュカードもあります。ネットバンクなどではVISAと提携したデビットカード機能があるキャッシュカードを発行しています。VISA加盟店でショッピング利用すると口座からリアルタイムで引き落としされるシステムで、キャッシュバック機能もあります。一般の銀行のキャッシュカードもJ-Debitに加盟しているのでほとんどのキャッシュカードはデビットカードとして利用できますが、VISAデビットカードは全世界のVISAデビットカード加盟店で利用できるため海外での利用も可能です。

 

クレジットカード機能付のキャッシュカードも発行されています。キャッシュカード機能があるため家族カードの発行はできませんが、通常のクレジットカードとして利用できます。この場合キャッシングと預金引き出しの区別はカードの挿入方向によって使い分けることになります。

 

海外旅行 マイル デビットカード クレジットカード クレジットカード 還元率 クレジットカード 海外旅行保険 クレジットカード

 

■カードローン
クレジットカードのキャッシング機能だけを持つカードをカードローン、ローンカード、キャッシングカードなどと呼んでいます。銀行系のクレジットカードにはキャッシング機能とは別にカードローン機能が付帯されていることがあります。この場合、キャッシングは1回払のみで、リボ払いで利用する場合にはカードローン機能を利用します。ただしカードローンが発行されるわけではなくカードレスの機能となっています。

 

カードローンが発行される以前はお金の借入は消費者金融会社やクレジット会社の店頭で契約書を作成して借入する「証書貸付」がメインでした。この証書貸付は店頭に行くという手間や、2度目以降の借入では支払金額が大きくなるというデメリットがありました。このデメリットというのは貸付する側にとって多く貸付することができないというデメリットです。借入側では計画的に利用できるので支払面を考えると証書貸付にそれほどのデメリットはありません。

 

そのため消費者金融業者やクレジット会社では何度でも繰り返し利用でき、ATMなどでも簡単に借入できるカードローンを発行するようになりました。カードを作るときにも貸金業者の社員と顔を合わせることがないように自動契約機なども設置されるようになりました。自動契約機はクレジットカード会社でも設置するなど一時は多く設置されましたが、現在ではクレジットカード会社が設置している自動契約機はありません。自動契約機といっても事務所内で社員が個別に対応しているだけなので、経費がかかりすぎるのが撤去の理由です。

 

融資のカードローン化は貸金業者の利益をアップさせましたが、同時に多重債務者も増加し、最終的には国が介入する形で金利の引き下げや貸付制限が法律で規定されることになりました。カードローンは低金利のものを1枚持つ程度であればそれほど心配はありませんが、簡単に借入ができるからといって複数持つことは多重債務につながるので十分な注意が必要です。

 

クレジットカード比較 ライフカード JALカード クレジットカード比較 NTTカード ANAカード アフィリエイト 楽天カード アメックス マイルカード クレジットカード審査

 

■デビットカード
金融機関が発行するキャッシュカードで買い物ができるのがデビットカードです。日本ではJ-Debitが都市銀行や地方銀行と提携し、独自に加盟店を増やしてデビットカードとして利用できる環境を整えてきました。J-Debitはすでに持っているキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用することができます。クレジットカードのように申込をすることも審査も不要です。しかし、クレジットカードに比べて加盟店が少ないことや、付加サービスがほとんどないことからあまり普及しているとはいえない状況です。

 

スルガ銀行がVISAと提携して日本で始めて発行したVISAデビットカードでは、J-Debitのデメリットを解消することができました。すでに存在する世界中のVISA加盟店で利用できるため加盟店の不足が解消されたのです。さらに0.2%のキャッシュバックや海外利用が可能なことから海外 ATMで現地通貨が引き出せるという新たなメリットも生まれています。

 

デビットカードは利用枠の設定がなく、預金残高の範囲内で利用することができます。そのためクレジットカードのように使いすぎる心配は少なくなります。また現金利用と比べても現金を持ち歩く必要がなく、万一盗難にあっても保険が適用されるため現金よりも安全ということができます。今後はデビットカードとクレジットカードの使い分けにより本格的なキャッシュレス時代となるかもしれません。

 

【クレジットカードのネタ】
二人三脚のライフとアイフルはこれからどうなっていくのか動向を見守りたいです。
>>ライフとアイフル

(最終更新日:2010年12月5日)

 

【相互リンク集】
リンク集1|

リンク集2|
リンク集3|

リンク集4|
リンク集5|

リンク集6|
リンク集7|

リンク集8|
リンク集9|

リンク集10|

 

リンク集11|
リンク集12|

リンク集13|
リンク集14|

リンク集15|
リンク集16|

リンク集17|
リンク集18|

リンク集19|

 

リンク集20|
リンク集21|

リンク集22|
リンク集23|

リンク集24|
リンク集25|

リンク集26|
リンク集27|

リンク集28|

 

リンク集29|
リンク集30|

リンク集31|
リンク集32|

リンク集33|
リンク集34|

リンク集35|
リンク集36|

リンク集37|

 

リンク集38|
リンク集39|

リンク集40|
リンク集41|

リンク集42|
リンク集43|

リンク集44|
リンク集45|

リンク集46|

 

リンク集47|
リンク集48|

リンク集49|
リンク集50|

リンク集51|
リンク集52|

リンク集53|
リンク集54|

リンク集55|

 

リンク集56|
リンク集57|

リンク集58|
リンク集59|

リンク集60|
リンク集61|